やはり、テレビは時代遅れのようです-重要な〇〇が手に入らない

テレビ 社会
スポンサーリンク

テレビ

前回、大学生の一人暮らしにはテレビはいらないという「テレビなんかいらないですよ!テレビは時代遅れ!!」を書きました。

404 NOT FOUND | スカイズの奮闘
内定辞退して理系大学院生を続ける変わり者の生態

テレビは既に下宿先にないので見る機会は減りましたが、一応まだテレビを見るときがあります。やはり、テレビは必要ないかなと思うことがたくさんあるので紹介します。

テレビはもはや娯楽でしかない

昔のテレビは社会の情報を集めるために必要なメディアですが、インターネットの普及などによりその役割を完全に譲っていると思いました。インターネットの信憑性は怪しいから信じないとかあるかもしれませんが、私には公式ホームページから得る情報が一番信憑性が高く、役に立つのでないかと考えています。

なぜ、テレビが社会の情報を集めるのに適していないと思うのか紹介したいと思います。

テレビは時間的制約がある

まず、テレビは時間的に限られているため十分な情報を伝えられないという問題があります。テレビは秒単位での放送が求められるために、得られた情報を取捨選択して、放送しなければなりません。

情報の取捨選択というのは非常に難しいことで、少し間違えるだけで事実とは違う内容が伝わってしまいます。さらに、グローバル化に伴い社会情勢はかなり複雑になっている現代では、限られた時間で事実を伝えることはかなり困難になっており、今のテレビ局はそれがうまくできておらず、事実を伝えられていないと思います。

独自の色を出そうと迷走している

もはや、テレビの放送時間は事実を伝えるための十分な時間もないと思っています。にもかかわらず、テレビ局各社は独自の色をだそうと、コメンテーターとして芸能人や有識者、スポーツ選手などに出演していただいて、コメントを求めて、それが放送されています。いち視聴者の私の意見としては、芸能人などのコメントは必要ありません。的確なコメントをしていればいいのですが、そういうケースは非常に少ないと言わざるを得ません。特にテレビに出るのは、炎上を恐れてうわべ面をもかすらない程度のコメントしか出ていないように感じます。そんなコメントの時間を放送するくらいなら事実を伝えるための時間に割いて欲しいと思います。

放送内容が偏見の塊である

テレビは事実を伝えるためのメディアだったと思いますが、その放送内容の偏見はすさまじいと言わざるを得ません。特に、今話題となっている日本政府の韓国に対する安全管理強化のニュースの偏見はすさまじいと思います。日本政府は何度も「安全保障上の輸出管理」と耳にたこができるくらい連呼しているにもかかわらず、ほとんどのメディアで「輸出規制」という言葉を使い続けています。こればかりは放送時間に限りがあるとかそういう問題ではなく、意図的に日本政府の行動を批判したいだけの報道であるとしか思えませんでした。是非、日本のメディアに関わる人たちは公正な目で物事を判断して、報道してくれるとありがたいと思っています。

情報を知るためにはインターネットを活用すべし

テレビが偏見な情報しか流さない現代となっては、偏見のない情報を得るためにはインターネットを活用するしかないと思います。公式ホームページから得られる情報はその公式ホームページの運営者が責任を持って後悔しているので、運営者にとっては事実の内容であるといえます。例えば、日本政府や国務大臣のホームページやSNSは日本政府や国務大臣が責任を持って公開している内容です。メディアを経由してないので、変な偏見や情報が書けたりすることはありません。公式ホームページやSNSの情報が事実と反していれば、日本政府や国務大臣たちが悪事を働いていたか他国や野党等に騙されていて日本政府などが無能だったと言うことなので、その時初めて日本政府や国務大臣を批判して、煮るなり焼くなりすればいいとのです。

つまり、基本的に日本政府や国務大臣のホームページやSNSが一番信憑性が高いと思っています。

私の今のオススメはYouTubeでノーカット版の記者会見が公開されています。これを見た後にメディアの報道を見ると全く違った内容でびっくりすると思いますよ!是非実践してみてください!!

まとめ

インターネットが普及したことにより、メディアの報道した内容が偏見に満ちたものであることが判明してしまいました。なので、我々日本人はインターネットにある膨大な情報を処理して、事実を知る能力を得なければ、今後生きていけない時代となってしまいました。膨大な情報を処理できるようになり、正しい情報を得られるようにしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました