【PGR0】絵本が苦手な方に初めにおすすめする「英語多読本」

スポンサーリンク

英語多読を始めようと思った方、初めに何を読んでいいのかわからないですよね…

「英語多読」は面白いと思わないと続かないと思うので、最初の本選びはとても大切です。

とはいえ、初めての洋書を1人で選ぶのはとても難しいです。

そこで、今回の記事では英語多読を始める方におすすめのシリーズを紹介します。

Penguin Readers Easystares (PGR0)は絵本が苦手の方におすすめ

「Penguin Readers Easystarts」は大学受験で英語を使用した人がギリギリ苦労せずに読むことができるレベルで書かれた本です。(TOEIC410の私にも読めました)

英語多読は本来ほとんど文字がない絵本から始める方が好ましいです。(ORTシリーズなど)

しかし、絵本は文字数のわりにとても高価です。そのため、図書館などで借りられない方にとっては金銭的に苦しいと思います。

また、大人になってから絵本なんて読めない、読んでいても全く面白くないという方が無理して絵本を読み続けることも好ましくありません。

そこで、活躍するのは「Penguin Readers Easystarts」です。

絵本を除けば1番簡単な洋書シリーズだと思います。

ゆえに初英語多読は絵本がおすすめだが、絵本が苦手な人はこのシリーズから始めてみることをおすすめします。

【PGR0】おすすめのストーリー

このシリーズの中でも特におすすめのストーリーを紹介します。

第1位 The Long Road (YL:0.8, 総語数:900)

ノンフィクション作品です。絵本では楽しめないストーリーです。

長距離が得意の学生が病気で片足を失います。しかし、彼は病気で苦しむ子どもたちの治療費を集めるべく、無謀とも思える挑戦をします。

彼は多くの人の心を動かします!!

第2位 Marcel and the White Star (YL:0.8, 総語数:900)

探偵を名乗るネズミ(Marcel)が主人公のストーリーです。

Marcelはダイヤモンドを盗もうとする2人組に遭遇します。ダイヤモンドを盗ませまいと健闘します。

第3位 Marcel and the Mona Lisa (YL:0.8, 総語数:900)

探偵を名乗るネズミ(Marcel)が主人公のストーリーです。

Marcelはモナリザを盗んでいる現場に遭遇します。モナリザを取り返すために長い旅に出ます。

ワンランク上のレベルのおすすめシリーズ

このシリーズが楽々読めるという方(5分もかからないという方)はすぐにワンランク上のシリーズに進んでみましょう。

このシリーズのワンランク上のシリーズは「Cambridge English Readers Starter (CER0)」です。

しかし、レベルを無理して上げる必要はありません。あなたのペースに合わせて、楽しく「英語多読」を行いましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました