日向坂46生誕祭 改名から1年彼女たちの飛躍はまだまだ続く

スポンサーリンク

2020年2月11日(建国記念日)は、ひらがなけやき坂46が日向坂46に改名した1周年記念日です。2019年は彼女たちをメディアを通して応援していました。

彼女たちの飛躍がすごく楽しい1年を過ごすことができたので、1年前の出来事を紹介します。

SHOWROOMで改名発表

ひらがなけやき坂46から日向坂46への改名は2019年2月11日に配信されたSHOWROOMでサプライズ発表されました。

当時、私は風邪をこじらせ布団の中で安静にしていました(ネットサーフィンしまくってたけど…)。

前日の深夜に放送された「ひらがな推し(現:日向坂で会いましょう)」のSNSの反応を見ながら、キン肉マン特集をやるなんて、ぶっ飛んだアイドルグループだなと思っていました。彼女たちより少し年上の私(上村ひなのさんの10歳上です)でも全く分かりません。

その日の午後にぶっ飛んだアイドルグループの公式SHOWROOM配信(ひらがなからのお知らせ)が行われました。メンバーに知らされていた発表内容は

  • 単独シングルデビュー
  • デビューシングルのタイアップ
  • デビューカウントダウンライブ開催
  • 単独のオフィシャルサイト開設
  • デビューカウントダウンライブのチケットの先行予約開始

でした。2015年末に結成され、3年強デビューできなかったひらがなけやき坂46のメンバーにとってはとても嬉しい発表だったのではないでしょうか、発表を行っているメンバーもとても嬉しそうでした。アイドルなので当たり前なのかもしれませんが、自然の笑顔が素敵でした。

そして、衝撃的なサプライズ発表がありました。それが、「日向坂46への改名」です。

改名を待望していたメンバーたち

日向坂46への改名」が発表されたとき、メンバーは立ち上がり喜びました。齊藤京子さんの喜び方は、いい意味で異常でした。本当に嬉しかったのだと思います。

ひらがなけやき坂46では、漢字欅坂46の2群メンバー(アンダーメンバー)ではないと公言していたとしても、世間から見れば2群メンバーとしか思えないと思います。「欅って、書けない」のMCである土田晃之さんもアメトーークなどの番組で丁寧に説明されていましたが、やはり難解すぎます。

さらに、テレビ出演が多いのは漢字欅坂46のメンバーでした。(結成3年目となる2018年になるとバラエティ番組への出演が増えましたが…)歌番組への出演は皆無だったのではないでしょうか?

紅白歌合戦には、乃木坂46、漢字欅坂46がそれぞれ3回以上出演していましたが、ひらがなけやき坂46は一度も出演したことがありませんでした。

そのような状況の中での、改名は本当に嬉しかったのではないでしょうか?私はメンバーではないので分かりませんが、ファンの1人としては嬉しかったです。

柿崎芽実さんの表情だけは心残り

齊藤京子さんをはじめとするメンバーの中で、言葉では表現しづらい表情をしているメンバーがいました。そのメンバーが柿崎芽実さんです。

そして、柿崎芽実さんは2019年8月に卒業されました(卒業発表は2019年6月)。

卒業を発表されたときは、日向坂46ではなくひらがなけやき坂46での活動を望んでいたからなのかなとも思いました。

なぜなら、SHOWROOM配信での改名発表時に立ち上がりはして喜んではいたものの、悲しみの感情を含む表情をしていたと私は思ったからです。

柿崎芽実さんは漢字欅坂46のセンター平手友梨奈さんに憧れてアイドルになった方なので、平手友梨奈さんと別グループになることを臨んでいなかったからと私は推測しました。

しかし、卒業理由はストーカー被害だということでした。若者の夢を奪うストーカー野郎の気持ちは全く分かりませんが、やめていただきたいと思いました。(一言で言うと、ふざけるな)

日向坂46の2019年の飛躍

日向坂46に改名してからの活躍はすさまじいものでした。簡単に挙げると

  • デビューシングル 令和初の週間ランキング1位(2回目の1位)
  • 3枚のシングル発売(キュン、ドレミソラシド、こんなに好きになっちゃっていいの?)
  • Yahoo!検索大賞2019のアイドル部門を受賞
  • レコード大賞の優秀作品賞にノミネート
  • 第70回NHK紅白歌合戦に初出場
  • 2020年12月東京ドームでのコンサート決定

今挙げたのはほんの一例です。

2020年も日向坂46の活躍が見逃せませんね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました