来年の初詣は「伊勢神宮」!へ!人混みを避けて参拝するためには?

初詣
スポンサーリンク

今年も残りわずかとなりました。年明けの準備はできましたか。

年明けすぐに初詣に出かけるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、初詣は人混みのため行きたくはないという方も多いと思います。特に、すべての神社の上に君臨する神社である「伊勢神宮」は毎年人混みです。だから、「伊勢神宮」に初詣に行きたいけど行かないという方も多いと思います。

そこで、今回は人混みを避けて、「伊勢神宮」で初詣できる方法をおすすめします!!

伊勢神宮では正月3が日は24時間参拝可能

初詣

言うまでもありませんが、「伊勢神宮」の3が日の日中は言葉に表せないほどの人混みです。ゆえに、昼間に人混みを避けて初詣をすることはできません。

しかし、知らない人が多いかもしれませんが、正月3が日は24時間参拝が可能です。

そのため、元日を除けば深夜~未明の時間帯は、人が少ない状態で初詣ができます。人が少なすぎて、不法侵入しているような感じになるほど少なくないので、安心して初詣することができるので心配しないでください。

私は、明け方に「伊勢神宮」で参拝するのが一番好きです。人が多くもなく少なくもなく、ゆっくり参拝することができるからです。

内宮につづく鳥居で日の出を見ることができる

伊勢神宮 日の出

深夜に参拝するメリットは、人混みを避けられるだけではありません。「伊勢神宮」で日の出を見ることができます。

日の出は鳥居の中心から少し右にずれたところから昇ってきます。

日の出が見られる時間帯は7時過ぎですが、7時には鳥居前に人混みができるので、早めに行くことをおすすめします。

あと、すごく冷え込んでいるので、しっかり防寒して日の出を待ちましょう!!

深夜の「伊勢神宮」へのアクセス

車

深夜は電車がないため、「伊勢神宮」に行くには、「自動車」しかありません。

大晦日から元旦にかけては、伊勢湾岸自動車道、伊勢自動車道が混雑しますが、それ以外の日の深夜は渋滞が発生するほど交通量はないので、安心してください!!

朝ごはんは「赤福ぜんざい」

赤福ぜんざい

日の出を見た後に、おかげ横丁を訪れるとほとんどのお店が開いています。

日の出を見るまで極寒の中待っていると体が冷えるので、朝ご飯は温かい「赤福ぜんざい」がオススメです。

とにかくおいしいので、是非食べてみてください!!

お土産も購入可能

朝4時くらいでも、おかげ横丁の一部のお店は開いています。

松阪牛の串焼きも食べられますし、甘酒も飲めます。

もし、深夜の内に参拝して、すぐ帰る人もお土産を買うことができます。

過去の「伊勢神宮」への初詣記録

2019年の初詣の様子は「【2019年】初詣」をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました