Androidユーザーが羨ましく感じた新型「iPhone11」の魅力

スポンサーリンク
お金持ち
お金持ち

今年も新型iPhoneが発表されましたね!
Androidしか使えないスカイズさんは新型iPhoneについてどう思われましたか?

スカイズ
スカイズ

ぐぬぬ、金持ちはいいなあ
Androidしか使ったことない私が思う新型「iPhone11」の魅力を紹介するよ!!

日本時間2019年9月11日の午前2時のAppleの発表で新型「iPhone11」の発売が発表されました。

私は一度もApple製品に触れたことがない(両親のiPhoneの設定くらいはしたことある)ので、リアルタイムでAppleの発表を見ませんでした。

発表の結果を今朝一通り見たので、Androidユーザーが思う新型「iPhone11」の魅力を紹介しようと思います。

また、新型「iPad」の発売も発表されましたね!!

新型「iPhone11」のラインナップ

今回の新型iPhoneは「iPhone 11」と「iPhone 11 pro」、「iPhone 11 pro Max」の3種類です!!

今作では「iPhone XR」のような廉価版としての機種は発表されませんでしたが、実質「iPhone11」が廉価版に相当します。

  • iPhone XR → iPhone 11
  • iPhone Xs → iPhone 11 pro
  • iPhone Xs Max → iPhone 11 Max

去年発売されたiPhoneの後継機は上のリストのようになります。

Lightningコネクタが廃止されると噂されていましたが、USB-Cではなく今までと同様Lightningコネクタが採用されました。

Androidユーザーがうらやむ新型「iPhone 11」の魅力3選

うらやむ 魅力

新型「iPhone11」の製品説明を見たところ、私は3つの点で新型「iPhone11」が欲しい!!と思いました。

では、その3点について紹介します。

Androidの2年先を行くCPU・GPU性能

処理の高速化

私が新型「iPhone11」で一番羨ましく思ったのは、高性能CPUとGPUを搭載していることです。

新型「iPhone11」には、超高性能CPU「A13 bionic」を搭載しています。しかも、iPhone11「無印」にも「Pro」と同じものが搭載されています!!

「iPhone11」のCPU・GPU性能ともに、最新ハイエンドモデルのAndroidに搭載されているCPU「Snapdragon 855」の2倍近くの性能を誇ります。

私がスマートフォンで注目する性能のひとつが「CPU・GPU性能」です。

なぜなら、いつでもどこでも使えるというスマートフォンの魅力を最大限に生かせるのは、いつでもどこでも遅延なくスイスイとスマートフォンを操作できることが必要不可欠だからです。

私がスマートフォンを使っていてい一番イライラする瞬間は、スマートフォンが「処理落ち」をしたときです。

スマートフォンが「処理落ち」すると、スケジュールやメモの確認や記入ができなくなり、写真を撮ることもできなくなります。ゲーム時であれば、次の画面ではゲームが終了していて、アイテムだけ消費されているという事態になりかねません!!

特に観光中にカメラアプリが落ちると、写真が撮れなくなり、絶好のシャッターチャンスを逃すことになるのでいらだちMAXです!!

一昔前のXperiaで高頻度でカメラアプリが落ちるという問題があり、写真が撮れなくなることが多くて旅行の楽しみが半減したことがありますね!(この原因はCPU問題というよりアプリのプログラムの問題だと思いますが…)

なので、いつでもどこでもスマートフォンが扱えるという最大の魅力を引き出すのは高い「CPU・GPU」性能だと思っています。

ゆえに、新型iPhoneの「Androidの2年先を行くCPU・GPU性能」が一番羨ましいと思いました。

iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を実現

新型「iPhone 11」はAndroidの2年先を行くCPU・GPUを搭載しながら、iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を実現しました。

新型「iPhone 11 Pro」のバッテリー駆動時間は、前作の「iPhone Xs」のバッテリー駆動時間より4時間も延ばしました!!

この長いバッテリー駆動時間のおかげでいつでもどこでもバッテリー切れを気にせずに、スマートフォンを操作することができます!!

普段の使い方なら、モバイルバッテリーを持ち歩く必要がないので、荷物を減らすことができます。

もはや、待ちで充電しながらiPhoneを触っている人がいなくなるのではないでしょうか!?

iPhoneもトリプルカメラ搭載

iPhoneは今までデュアルカメラでしたが、新型「iPhone 11 Pro」はトリプルカメラを搭載しています。(新型「iPhone 11 無印」はデュアルカメラ搭載です)

新型「iPhone 11 Pro」に搭載されたカメラは、超広角カメラ(4倍広くとれる)、広角カメラ、望遠カメラの3種類です!!

これら3種類のカメラにより遠いものも近いものもとれるようになりました!

また、友達と自撮りするときもアウトカメラを使えば画面から外れて仲間はずれになる友達もいなくなります。

また、超広角で4K60fpsでの動画撮影も可能です。インカメラでも撮影できます。

「iPhone 11 Pro」のカメラなら撮影したいものを逃すことはないでしょう!?

私が新型「iPhone 11 Pro」だったら、「姫路城」や「好古園」写真ももっときれいに撮れたはずです!!

発売日と販売価格

価格

新型iPhoneである「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」、「iPhone11 Pro Max」の発売日は2019年9月20日です!!

増税前に購入することができます!!

価格も無印で7万円代proで10万円代なので、iPhoneシリーズで続いていたい価格の高騰化は一段落したようです!

安くはなっていますが、とても高いですけどね…

まとめ

今回は新型iPhoneである「iPhone11」を紹介しました。

トリプルカメラ以外目立った機能が搭載されませんでしたが、スマートフォンの根源であるいつでもどこでもスムーズにスマートフォンを操作できるための性能を引き上げられています。

この「iPhone11」が持つ性能により、いつでもどこでもゲームや写真撮影ができるのではないでしょうか!!

ただ、価格が高すぎるかな…でも、それに見合うスマートフォンだと思うので、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました