平成初期生まれがおすすめするガンダムゲーム

スポンサーリンク

機動戦士ガンダム VSシリーズ (宇宙世紀)

機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX(PS2)

私が一番はじめにやったガンダムゲームです。

ミッションモードでは連邦とジオンの一般兵となって、1年戦争を体験することができます。

ミッション数は100を超えており、十分なボリュームがあります。

詳細記事は「PS2ソフト 機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオンDX」をご覧ください!

機動戦士Zガンダム エゥーゴ VS. ティターンズ (PS2)

機動戦士ガンダム 連邦VS.ジオン DX(PS2) のグリプス戦役版です。

ミッションモードではエゥーゴとティターンズの一般兵となって、グリプス戦役を体験することができます。

今作もミッション数は100を超えており、十分なボリュームがあります。しかも、一度クリアしたミッションはいつでも再プレイできるモードを搭載しているので、お気に入りのミッションをいつでも何度でもプレイすることができます。

詳細記事は後日公開予定

機動戦士ガンダム ガンダム VS. Zガンダム(PS2)

ガンダムゲームの中で一番お気に入りのゲームです。

宇宙世紀モードでは連邦・エゥーゴ、ティターンズ、ジオン・アクシズの3勢力のほとんどのキャラクターの1年戦争・グリプス戦役を楽しむことができます。

機動戦士ガンダム 一年戦争(PS2)

1年戦争の世界を一番表現している作品です。機動戦士ガンダムの主人公のアムロ・レイになり、1年戦争を駆け抜けることができます。ミッション数は28あり、ボリュームがあります。ただし、連邦(アムロ)編しかございません。

本作のモビルスーツの操作方法は他のゲームソフトとは異なるので、最初は戸惑うかも知れませんが、慣れると楽しいです。

詳細記事は後日公開予定

機動戦士ガンダム クライマックスU.C.(PS2)

ファーストガンダムからガンダムF91までを体験できるゲームソフトです。(U.C.ですが、VガンダムやガンダムUCは収録されていません)

しかし、ミッション数は少なく広く浅くのゲームソフトになってしまっています。

私は幅広い世代のモビルスーツを操れる今作は結構好みです。

詳細記事は後日公開予定

機動戦士ガンダム Target in Sight(PS3)

リアルなグラフィックとモビルスーツの動きが魅力のゲームソフトです。

私は「部位破壊」システムが非常にお気に入りでした。

機動戦士ガンダム戦記(PS3)

1年戦争後からデラーズ紛争の間の連邦とジオン残党の紛争のお話です。

モビルスーツのカスタムや無限に近い武装の組み合わせができるので、やり込み要素は抜群です。

オンラインプレイをしなければ、すべてのアイテムを集められない点は非常に不満でしたが、それ以外はおもしろいゲームです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました