高還元率を誇った「Kyash」が改悪!でも、2重取りは魅力的!!

スポンサーリンク
男性
男性

高還元率のクレジットカードが知りたいです!!

スカイズ
スカイズ

高還元率を狙うなら「Kyash」とクレジットカードのポイント2重取り!!
「Kyash」は改悪され続けているけど、まだまだ魅力はあるよ!!

「Kyash」は高還元率2%を誇るプリペイドカードです。

「Kyash」はVISAブランドのプリペイドカードなので、多くのVISA加盟店で使用できます。

他のクレジットカードと紐付けることでポイントの2重取りも可能です。

そのため、大変お得なカードだったのですが、2019年に入るとルールの改悪が相次い行われました。

去年であれば、自信を持って勧められたのですが、今となっては微妙になっています。

しかし、「Kyash」とクレジットカードのポイントの2重取りは魅力ですので紹介します!!

「Kyash」の5つの魅力

メリット

それでは、「Kyash」のメリットについて紹介します。

高還元率2%←1%に改悪

「Kyash」の一番の利点は高還元率です。

高還元率を謳うクレジットカードでも還元率は1.0%程度であることがほとんどでが、「Kyash」の還元率は倍の2.0%を誇ります!!

しかも、利用額の2%が残高にキャッシュバックされるので、面倒くさい換金をしなくても次回決済時に自動で利用してくれます。

「Kyash」を普段使いしている人なら、知らぬ間にポイントが失効していることはあり得ません!!

しかし、2019年10月から還元率が1%に変更されます。今までの還元率の半分ですね…

だからといって、「Kyash」の魅力がなくなったというわけではありません。その理由は、次の「クレジットカードとの組み合わせでポイントの2重取りが可能」で紹介します。

クレジットカードとの組み合わせでポイントの2重取りが可能

「Kyash」の最大のメリットは、クレジットカードと組み合わせることにより、クレジットカードのポイントと「Kyash」のポイントを両方もらえることです。

「Kyash」の残高をクレジットカードでチャージすることで両方のポイントをゲットすることができます。

例えば、10,000円の買い物をするとします。

まずは「Kyash」に還元率1.0%のクレジットで10,000円をチャージして、10,000円の商品を「Kyash」で決済すると、

100(クレジットカード還元分) + 200(「Kyash」還元分) = 300円相当のポイント

のポイントが手に入ります!!

ゆえに、クレジットカード単体で買い物するより、お得に買い物することができます!!

VISAブランドのプリペイドカード

高還元率の裏に利用できる場所が限られていると思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、その心配は必要ありません!

「Kyash」はVISAブランドのプリペイドカードなので、ほとんどのVISA加盟店で使用することができます。

クレジットカードが使えるお店ならば、VISAカードが使えるところがほとんどなので、利用できる場所が少なくて使いづらいと言うことはありません!!

さらに、「Kyasu」は実物のカード(リアルカード)の発行ができるため、実店舗(街にあるお店)での利用も可能です。

しかし、「Kyash」のリアルカードには、ICチップが搭載されていないため、暗証番号の入力が必要なお店では利用することができません。ご注意ください。

電子マネーへのチャージも可能

「Kyash」は、Suicaなどの電子マネーへチャージすることができます。

クレジットカードで電子マネーをチャージするとポイントがつかないケースが多いですが、「Kyash」はモバイルSuicaにチャージする際 (ただし、6000円以上のチャージが必要になります。) はキャッシュバックの対象となります。(2019年2月2日をもって廃止)

さらに、先述と同様に「Kyash」にチャージするときにクレジットカードを使えば、クレジットカードのポイントもつけることができます!

さらにさらに、電子マネーのポイントもつくので、ポイントの3重取りも夢ではありません!!

本来は送金アプリ

「Kyash」は高還元率のプリペイドカードとして有名ですが、元々はというより本来は送金アプリです。

送金とは口座番号などを知らなくてもお金を友人等に送ることができる機能です。

送金機能を利用することにより、現金がなくても1円単位で友人等と割り勘することができます。

しかし、互いに「Kyash」を利用していなければならないので、利用できる機会は少ないと思います。

「Kyash」のデメリット

デメリット

もちろん「Kyash」にも弱点があります。大きく分けて2つかな?

公共料金等の支払いには利用できない

「Kyash」はプリペイドカードであるため、家賃や水道や電気代などの公共料金等の支払いに利用することができません。

支出の大きい家賃などがキャッシュバックの対象にならないのは痛いですね…

補償がない

「Kyash」には補償がありません。

利用規約を簡単にいうと「すべて自己責任」と書いてあります。

不正利用されても補償がないため、これは心配性にはつらいです。

この弱点にはカードにロック機能があるため、使用するときのみにロックを解除する方法で不正利用されることを防いでいます。

しかし、心配なものは心配ですね…

まとめ

改悪が行われている「Kyasu」ですが、まだまだ次のような魅力がたくさんあります

  • 高還元率の2.0%(2019年9月)
  • VISAブランドのプリペイドカード
  • ポイントの2重取り3重取りが可能
  • 友人への送金も可能

補償制度がないという欠点はありますが、これらの非常に魅力があります。

スマートフォンがあれば簡単に発行することができるので、以下のサイトから「Kyash」を発行して、利用してみてください。

Kyash (キャッシュ) - いつものカードがもっと便利に
Kyash(キャッシュ)なら誰でも簡単にVisaカードが発行できます。お手持ちのクレジットカードやデビットカードを登録すると、より便利にお得に安心に、決済・送金ができるようになります。

コメント

  1. まな より:

    クイックペイの利用でポイント対象外なのは、絶望的です。
    コンタクトレス対応カードが増えている中、暗証番号すらないカード。 イオンでサインが必要。利便性が低い。

    • skies skies より:

      確かにそうですね!
      私の住む環境では、コンビニ以外にコンタクトレス対応できる店舗がないので、気にならないですが…
      暗証番号すらないカードについてはその通りでぐーの音も出ないですね…

タイトルとURLをコピーしました