26歳男性に発症したモデルナ製コロナワクチンの副作用 私は筋肉痛と発熱でした

スケジュール
スポンサーリンク

若者世代にも新型コロナワクチンを打てる権利が得られるようになってきました。

私は一応若者(26歳男性)で、モデルナ製ワクチンを2回接種し終えました。

そこで今回は、新型コロナワクチンを接種するかしないかで迷っている同世代の若者の参考になればいいなと思い、体験談をお伝えします。

新型コロナワクチン摂取のスケジュール

スケジュール

今回の新型コロナワクチン摂取のスケジュールは下の通りです。私は仕事の都合で、1回目のワクチン接種から5週間で2回目を接種しました。モデルナ製ワクチンは4週間あけてから2回目を打つのが推奨されています。そのため、私の体験談はイレギュラーかもしれませんが、珍しいと思うので貴重なものになっていると思います。

・1回目接種 7月30日(金)夕方
・2回目接種 9月3日(金)夕方

1回目のワクチン接種では発熱はないが、強い筋肉痛が…

予防接種

1回目の摂取は7月30日(金)の夕方に行いました。

一瞬でワクチン接種が終わりました

ワクチン接種会場に行くと誰もいなかったので、待ち時間なしで身分確認と医師の問診( 予診票と同じ内容を聞かれただけで、診察はなかった)を終えて、ワクチンを接種しました。

私は注射が苦手なのですが、今回はまったく痛くなかったですね!!一瞬で終わりました。

ワクチン接種後は15分待機して終了です。何も起こらなかったので、そのまま帰宅しました。ちなみにワクチン摂取券は回収されました。

2日目の昼間までは何もありませんでした

ワクチン接種後は帰宅してからは普段通り夕食を食べて、入浴して寝ました。ワクチンを接種したことを忘れるくらい何もありませんでした。

2日目の朝もいつもの朝と変わりませんでした。

2日目の昼間から違和感があり、夕方から痛みに

2日の朝まで何もありませんでしたが、昼間からワクチンを打った左腕が腫れ始め、ヒリヒリし始めました。

そして、ワクチン接種した24時間後の夕方には痛みに変わりました。左腕を上げるときはかなりの強い痛みを感じ、何もしてなくても「痛いなぁ」と思うくらいの痛みを感じました。左腕は右腕と比べるとかなり腫れていました。

我慢できない痛みではありませんでしたが、悲劇は就寝するときでした。普段通りベッドに入ると激痛が走りました!!なぜなら、左腕をしたため体重が加わったからです。びっくりして起き上がってしまいました。

痛かったので、右腕を下にしたり、仰向けになったりしました。痛みはほとんど感じなくなったのですが、その体勢に違和感がありすぎて、眠れませんでした。

この体験からワクチンを打つ腕は利き腕だけではなく、寝る体勢を考えてから決めたほうがいいとお思いました。

3日目の昼間で続きましたが、夜には痛みが緩和されました

2日目の夜より痛みは治まりましたが、少しでも動かすと痛みが走ります。

夕方ぐらいまで続きましたが、寝る前になると動かしたり触れたりするだけでは痛くなくなりました。

しかし、体重がかかるとさすがにまだ痛いので、違和感のある体勢で寝るしかありませんでした。

そのため、質の良い睡眠をとることはできませんでした。

4日目からは副作用はありませんでした

4日目の朝には左腕が若干腫れていましたが、痛みはなくなっていました。月曜日だったので仕事に行きましたが、何の支障もなかったです。

2回目のワクチン接種まで何もありませんでした。

2回目のワクチン接種では発熱と痛みが発症しました

2回目の摂取は1回目の5週間後の9月3日(金)の夕方に行いました。

2回目も一瞬でワクチン接種が終わりました

2回目も誰もいなかったので、1回目と同様の手順でワクチン接種を行いました。1回目で寝づらいという問題がありましたが、仕事で利き腕が使えない方が困ると思い、前回と同じく左腕に打ってもらいました。

すぐにワクチン接種が終わり、15分待機しましたが、何もなかったので帰宅しました。2回目の接種では、接種券は臨時の接種済証として返してもらいました。

ちなみに、8月末にモデルナ製ワクチンに金属片が混入していた事件がありましたが、今回はそのロッドではないものかつ作製日が違うモノを打ってもらいました。(頼んだのではなく、入り口に掲示してあった)

やはり2日目の昼まで何も起きませんでした

2回目も1回目と同様2日目の昼まで何も起きませんでした。

普段通り生活して、痛みもないため左腕を下にして慣れた姿勢で就寝することができました。

2日目の昼から発熱と筋肉痛が…

昼ご飯を食べた後から左腕が腫れ始め、ヒリヒリしてきました。この症状は1回目のときと同じでしたが、1回目と違うのは痛みの発症がすぐにきたことです。ヒリヒリを感じて1時間も経たないうちに痛くなりました。(1回目のときは4,5時間後でした)

そして、痛みを感じると同時に体が熱くなっているのを感じました。このときの体温は38.2℃でかなり高かったので、ロキソニンを服用しました。しかし、約1時間後に39.3℃まで上昇しました。さらに、左腕だけの痛みが全身に広がりました。

このまま高温が続き、40℃を超えるかもしれないと思いましたが、約1時間後に37.2℃まで熱が下がりました!!でも、全身の痛みはまだ続いていました。

さらに約2時間経った後には、平熱まで下がり、痛みはワクチンを打った左腕だけ(常時痛いのではなく、動かしたり触れたりしたときだけ)になっていました。食欲も普通にあったので、この日は普通に夕食を食べました。また、熱も左腕以外には痛みはないためロキソニンは服用しませんでした。

しかし、左腕は痛いので、違和感のある姿勢での就寝が強いられ、質の悪い睡眠をとらざる負えませんでした。

3日目の夕方には左腕の痛みはなくなりました

3日目の朝は動かしたり、触れたりすると左腕が痛みました。この状況は3日目の夕方まで続きましたが、夕方になると左腕が少し腫れているだけで痛みとかヒリヒリは感じません。

4日目以降も何も症状はありませんでした。副作用が軽めな方で良かったです!!

1日目と2日目の違いは発熱の有無と痛みの長さ

一般的に2日目の方が強い副作用が出るといわれており、私も2回目に39℃を超える高熱が出たので、副作用が強く出たといえるでしょう。

しかし、筋肉痛に関しては1回目が3日目の夜までありましたが、2回目は3日目の夕方には治まっています。そのため、1回目より軽く済んだのかなと思います。

以上が私の新型コロナワクチン摂取の体験談でした。私の場合、メディアや周りの人から聞いた話より副作用がだいぶ小さかったです。特に熱は急に上がりはしましたが、すぐに下がりました(高熱だったのは2時間くらいです)。

ワクチンを接種するかしないか決めかねている人はこの体験談も参考にして決めていただければと思います。ただ、あくまでこの体験は私の場合で、長期での話はまだわからないので参考程度にお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました