理工系大学院生・スカイズのプロフィール

スポンサーリンク
読者
読者

おぬし、何者じゃ!?

スカイズ
スカイズ

私は理工系の大学院生をしています。
スカイズと申します。

はじめまして! 理工系大学院生のスカイズ(@skies15574206)です!!

この記事では、スカイズのプロフィールを紹介します。

これからどんどん更新していく予定なのでよろしくお願いします!!

スカイズのプロフィール

F-22 名前の由来

平成6年(1994年)度生まれの25歳です。

趣味はマラソン・温泉・アイドル応援(乃木坂46、日向坂46、HKT48)です。

私は好奇心旺盛だが、周りに流されてしまう性格でした。

そのため、自分の興味関心からは目を背け続けて、自分がしたいことは後回して、友人(ただのクラスメイトといった方が正しい)がやりたいことを優先する中高生時代を過ごしていました…

しかし、大学に入って、研究室に配属されてから、そんなことではダメだと気づきました。なので、近年主体的に行動するようになり、色々な活動(このブログもその活動のひとつ)に手を出し始めています。

ニックネームの由来は上の写真(F-22戦闘機)から推定できると思います。

分からなければブログをくまなく読んでみてください。(ゲームのタイトルから拝借させていただきました。)

スカイズのマイヒストリー

私も気づけば生を受けてから四半世紀が経過してしまいました…

にもかかわらず、私には何の取り柄もありません……

しかし、四半世紀全く同じ経験をした人は地球上に約80億人にいても、1人もいません!

そのため、私の経験からみなさんの知らない知識や教訓を紹介できると思うので、あなたの人生の参考にしてくださると嬉しいです!!

何も取り柄のない小学生時代

小学生の時はクラスの中では目立ったことはありませんでした。

というより、存在を知られていたかどうかも分かりません…

学校行って、友達とも遊ばず家に帰ってゲームをしてました。

友達と遊んで帰った記憶はほとんどありません。(というより、友達がいない… でも、 このときから寂しいとは思ったことがないです!!←変人の素質あり)

小学生時代の主力ゲーム機はプレイステーション2(PS2)、ゲームキューブ(GC)、ゲームボーイアドバンス(GBA)です。

この頃のゲームはインターネットにもつながらず、1人で黙々とゲームをできるという陰キャラには一番うれしい時代でした!!

部活に熱中した中学生時代

中学生の時は勉強はほどほどに部活に一生懸命に取り組んでいました。

陸上部でも走る競技でもないのに、土日もなく毎日5km以上走っていました。

しかし、部活で鍛えたにもかかわらず運動能力は学年平均以下、ほどほどやっていた勉強は学年平均以上!!

努力は必ずしも報われないことに気づき始めました。

つかの間の時間に行った娯楽はもちろんゲームです。

中学生時代の主力ゲーム機はプレイステーション3(PS3)、プレイステーションポータブル(PSP)、ニンテンドーDS(DS)です。

この時代から、ネットがゲームにつながり始め、世界のゲーマーと協力プレイをしなければならない時代となってしまいました。

1人でプレイをどんなに続けていても、すべてのアイテムを手に入れることが不可能な仕様になり始めました。

そのため、現実世界に友達がいない陰キャラは、ゲームでも友達がいないという現実を突きつけられる時代となってしまいました。

目的がはっきりしない大学進学のために勉強した高校・浪人時代

運動は努力してもどうしようもないことに中学時代に気づいたので、ほどほどに部活をやっていました。

だからといって、勉強に熱中したわけでもありません。

さらにさらに、今までの娯楽でもあったゲームからも足を洗っていました。

(というより、1人では全クリ(コンプリート)できないゲームの仕様に腹が立ったのでやめました)

特に何もしていなかったので、特に思いでもない高校生活でしたね。

思い出もない高校生活を送ったにもかかわらず、最後の最後で大学受験に落ちるという結末…

踏んだり蹴ったりであった高校時代!!

大学進学のために浪人したため、ストレート人生からは脱落しました(笑)

負け組人生の道へ続く…

後悔の連続だった大学時代

浪人してまで入った大学ではあったものの目的がなかったため、高校時代と同様ふらふらしていました。

そして、大学4年生になり研究室に配属されると、生活が一変しました。

基本的には10時から19時まで(コアタイム)研究室に閉じ込められる生活を送ることになりました。

実際には帰れるのは22時くらいになります!実験内容によっては日を跨ぐことは日常茶飯事です!!

就職活動もしていなかったため、そのまま同じ大学・研究室の大学院に進学することなになりました。

一旦は就活を行い内定をもらうも、修士号を取得することにした大学院時代

12時間以上も研究室に閉じ込められる生活なんかやっていられるかと思っていたため、卒業研究発表が終わった瞬間に既卒として就職活動を開始しました。

近年まれに見る「売り手市場」であったため、内々定をいただくことができました。

しかし、何を思ったのかあんなに嫌だった研究が急に恋しくなってしまったのです。

そのため、内々定がをもらったのにも関わらず、修士研究を続けてしまいました。

(もちろん、大卒として内定をもらったので、大学院を修了する必要はない

修士研究を続けていくことで、就職するよりもう少し研究がしたいと思って内々定を辞退してしまいました。
(自分は痛めつけられるのが好きなのですかね…?と不安にもなりました。)

その後、院卒見込みとして就職活動を行い某企業から内定をいただきました。

現在は、修士課程修了に向けて奮闘しています!!

本ブログの読者様へ

本ブログは主に次の方々のためになりたいと思い執筆しています。

  • 大学進学を考えている高校生
  • 大学に入学したもののどうしていいのか分からない大学生
  • 大学の研究(大学院生の生活)について知りたい高校生・大学生

そのため、このブログでは研究生活についてと大学生が学業以外に行うべきこと(実際に私が現在やっていることまたはやらなくて後悔していること)を記事にしていこうと思っています。

なぜ、社会も知らない現役大学院生が生意気にこんなことをブログに書いているのかというと、大学進学がゴールだと思っている高校生や大学生が非常に多いと大学に進学してから思ったからです。
(こんなこと言っていますが、私もその1人でした)

そう思ってしまうのは仕方がないとは思います。

なぜなら、私たち世代の両親の世代は大卒は高卒より待遇が良い企業が多いことを身をもって経験しているため、大学にさえ行けばいいと思い込んでいます。

そのため、子供に大学に行けと言い続けます。

しかし、大学に入った後は何も言わない親が多いのではないのでしょうか?

周りの友達も同じ境遇であることが多いため、大学に入れば勝ち組と思っている勘違い野郎がたくさんいます。

大学に何を期待しているのかは知りませんが、大学に入っても何も変わりません。
(失われた4年間になること間違いないです!!)

重要なのは自分のためだけに使える時間である大学時代に何に挑戦したかです。

その挑戦も自分が「興味・関心あること」や「やりたいこと」でなければ話になりません!

親が言ったからとか友達に誘われたからなどは「きっかけ」としては十分ですが、継続して挑戦する理由には全くなりません。

そして、挑戦していく過程で自分とは何に興味があり、どういう人生を生きていきたいかを知ることが重要だと思っています。

自分の興味・関心を知ることができれば、後はそれを実現できる行動をすれば良いのです。

これは孤独な戦いとなります。

なぜなら、自分が目指す生き方をしたい人はこの世に1人もいないからです。

しかし、一部分だけなら人の生き方が参考になることがあるかもしれません。

そのため、本ブログでは自分がしてきたことを書いて、挑戦の「きっかけ」になり、新たなことに挑戦してくれたら嬉しいなと考えています。

ゆえに、本ブログでは自分の経験(もちろん、全然武勇伝でもないですし平凡な人生ですが)を書いていきます。

ブログ・SNS一覧

スカイズが運営しているブログ・SNSを紹介したいと思います。

旧メインブログ『貧乏大学生の生態』(はてなブログ)

当ブログを運営する前に運営していたブログです。

メインは当ブログに移行しましたが、
はてなブログも不定期に更新していく予定なので是非ご覧ください!

Twitter

基本的につぶやいてはいませんが、
気になったつぶやきをリツイートまたはいいねしてます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました