楽天ゴールドカードが改悪され、通常楽天カード一択になった!!

スポンサーリンク

社会人となり買い物する機会が増えたので、楽天ゴールドカードにグレードアップを考えていました。

そんな中、楽天ゴールドカードの特典が変更され、楽天ゴールドカードの最大の利点がなくなりました。そのため、通常の楽天カードから楽天ゴールドカードに変更することは止めました。

今回は2021年4月からの楽天ゴールドカードの特典と通常の楽天カードとの違いを紹介します。

楽天ゴールドカードの特典

楽天ゴールドカードは年会費2200円で様々な特典を受けとることができます。特典は大きく5つあるので順番に紹介します。

1.楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物するとポイント+2倍(改悪)

2021年3月までは、楽天市場で楽天ゴールドカードを使って買い物をすると+4倍のポイントがもらえました。

そのため、年間11万円楽天市場で買い物すれば年会費を完全にペイすることができ、それ以上の買い物をすれば通常の楽天カードよりお得でした。

しかし、2021年4月以降は楽天市場で楽天ゴールドカードを使って買い物しても+2倍のポイントしかもらえなくなってしまいました。

通常の楽天カードと同じ特典となり、楽天ゴールドカードの利点がなくなってしまいました。

2.ETCカードの年会費が無料

引用:https://www.rakuten-card.co.jp/service/etc-card/

楽天ゴールドカードではETCカードを年会費無料でつけることが可能です。

通常の楽天カードでは、年会費が550円かかるのでお得になります。しかし、楽天ゴールドカードを持つには2200円の年会費がかかるので嬉しい特典とは思えないかも知れません。

さらに、通常の楽天カードでも「ダイヤモンド会員」と「プラチナ会員」だと年会費が無料になるので、楽天ゴールドカードの利点がなくなってしまいます。

3.誕生月の楽天市場での買い物でポイント+1倍(新設)

楽天ゴールドカードでは楽天プレミアムカードの特典でもある「お誕生月サービス」が利用できます。

お誕生月の楽天市場および楽天ブックスでの買い物で+1倍のポイントがつきます。

しかし、上限が2000ポイントと決まっているため、この特典だけで年会費の2200円を完全にペイすることができません

4.ラウンジサービスが年間2回無料で利用できる

楽天ゴールドカードでは国内空港のラウンジと一部の海外ラウンジ(ダニエル・K・イノウエ国際空港と仁川国際空港)が年間2回無料で利用できます。

私は飛行機に乗る機会は数年に1度なので、ほとんどメリットがありませんが、通常の楽天カードにはない特典です。

5.海外トラベルデスク付帯

楽天ゴールドカードを持っていれば海外のデスクを無料で利用することができます。

デスクではパスポートなどの紛失や盗難/病気などの緊急時の時の案内や現地情報を紹介してくれます。

私は海外には行かないので全くメリットがありませんが、通常の楽天カードにはない特典です。

通常の楽天カードと比較して特典がほぼない

楽天ゴールドカードの特典を見てきましたが、魅力的な特典がほとんどなかったように思えます。

プラチナ会員以上の方が通常の楽天カードに比べて有利な特典は以下のたった2つしかなくかなりショボいです。

  • 年間2回無料で空港のラウンジを利用できる
  • 海外トラベルデスクが利用できる

これら特典のために年会費2200円(お誕生月サービスフル活用で年間200円)を払う価値があるかと考えると微妙としか思えません。

飛行機をほとんど利用しない私からすると全く魅力を感じませんでした。

個人利用なら通常の楽天カードで十分

楽天ゴールドカードの特典が改悪されたことにより、楽天ゴールドカードは通常の楽天カードに比べてほとんどメリットがなくなりました。

そして、楽天ゴールドカードの上位カードである楽天プレミアムカードも楽天市場で年間55万円以上買い物しないと年会費を完全にペイできないので、普通に使っていては特典を活用することは難しいです。

そのため、私は年会永年無料の楽天カードが1番お得だと思います!!

楽天カードの特典を挙げればきりがないですが、代表的なものだけ紹介します。

  • 楽天カードの還元率は1%(高還元率水準)
  • 楽天市場での利用で+2倍ポイント
  • 安心してネットショッピングや海外旅行ができる保険が無料付帯

楽天カードを作って利用するだけで5000円相当の楽天ポイントがもらえるので、是非作ってみてください。→無料で新規入会(楽天カード作成)

コメント

タイトルとURLをコピーしました