Amazonの電子書籍「Kindle Paperwhite」がオススメ

スポンサーリンク
スカイズ
スカイズ

本は読んでいますか?

大学生
大学生

最近は本を読んでいません!
本を持ち歩くことも、書店に行くのも面倒くさいです!!

スカイズ
スカイズ

その悩みだったら、電子書籍にすれば解決するよ!
電子書籍専用の端末「
Kindle Paperwhite」なら、さらに読書がはかどるよ!!

みなさん、本は読んでいるでしょうか?

私は

  • できるだけ荷物は少なくしたい!!
  • 田舎なので書店が少ない

という性格と環境下で生活していました。

しかし、読書はインプットには必要な行為なので、私は電子書籍で本を読んでいます。

今回の記事では、電子書籍で本を読んでいる理由と読書するときに使用している「Kindle Paperwhite」というガジェットを紹介したいと思います。

電子書籍を導入した理由

私は大学生になってから、本を読むことが趣味になりました。

高校生までは全く本を読みませんでしたが、時間にゆとりができた(研究室配属前まで)からでしょうか?

マンガ、雑誌、自己啓発本、専門書を問わずに本を読むようになりました。

しかし、本を読むようになってできた悩みがあります。私の主な悩みを紹介します。

紙の本はかさばる

紙の本はスペースを取ります。

本棚を用意しいても、本を空間的に設置できるだけであって、本の大きさが変わるわけでもありません。

そのため、部屋が本であふれかえるようになりました。特に、 紙の本は 下宿先であるワンルームの部屋には邪魔すぎます…

そこで、スペースを取らない電子書籍を導入することにより、部屋のスペースを有効活用することにしました。

読みたい本をすぐに読むことができない

あなたは他人のブログやSNSを見て紹介されている本を読みたくなることはありませんか?

しかし、私の住む地域(徒歩圏内)には書店がありません。本を買うために、電車を利用するのはとても億劫です。

現代では、Amazonや楽天ブックスなどのインターネットショッピングを使えば、いつでもどこでも本を買うことができます!!

とはいえ、インターネットショッピングを利用すれば、その日のうちに本を注文できますが、本が到着するのは早くても翌日になってしまいます。

しかし、私は飽きやすい性格です。なので、本が届いた翌日には読みたくて注文した本を読みたいという意欲がほとんど失われてしまいます

そうなると、読みたいという気持ちが薄れた本は結局読まれることはありません。その本は部屋を占領するただの置物になってしまいます。

そのため、本を注文した瞬間にその本を読むことができる電子書籍は、意欲が失われないうちに読みきることができます!

私のようにすぐにやる気がなくなってしまう方には、電子書籍は最適ですね!!

電子書籍は紙の本に比べて安い

大学生という生き物にはお金がありません。しかし、勉強することが本業である大学生が、お金がないという理由で勉強する機会を失ってしまうことは本末転倒です。

電子書籍は紙の本に比べて2割程度安いことが多いため、同じ金額でもより多くの本を読むことができます!!

さらに、「Amazon student」に登録すれば、月1冊無料で本を読むことができます。12ヶ月×4年間で合計48冊の本を無料で読むことができます

登録しない手はないのではないでしょうか!?

何故、「Kindle Paperwhite」を導入した?

電子書籍はスマートフォンやパソコンで読むことができます。

しかし、私は現代っ子(平成初期生まれ)のはずですが、スマホやディスプレイで活字を読むのはあまり得意ではありません。

私は、紙の本ではスマートフォンで読書するより、長い時間本を読むことができます。

紙に印刷された活字を読むのは、ディスプレイを見るより目が疲れないからですかね…

そこで、紙のように目が疲れないディスプレイで読書することができるガジェットがあるか探してみました。

その結果、見つけたのが、Amazonの「Kindle Paperwhite」です。

Kindle Paperwhiteのメリット

Kindle Paperwhite」の最大の特徴は搭載している「ディスプレイ」です。

2019年に普及しているスマートフォンは、液晶パネルが使用されています。

液晶パネルは画面の後ろから強い白い色の光りが使用されているため、目へのダメージが深刻です。

一方、「Kindle Paperwhite」は、紙に印刷されているような文字が表示させることができるe-ink方式のディスプレイを使用しています!!

そのため、強い光を常に光らせている液晶パネルよりe-ink方式のディスプレイを使用した方が、目の疲れがかなり軽減されたような気がします。

しかし、 e-ink方式のディスプレイは発光しないため、暗い場所では文字を見ることはできません。(紙の本と全く同じですね!!)

しかし、「Kindle Paperwhite」は、フロントライを搭載しており、暗闇でも本を読むことができます!!

フロントライト搭載のe-ink方式ディスプレイ搭載による主なメリットを紹介します。

目が疲れにくい

これは先も述べましたが、液晶のように後ろからバックライトで照らしているわけでもなく、有機ELディスプレイのように文字が発光しているわけではありません。

紙のように自然光を利用して文字を表現することができるので、目に端末から発せられた光が直接入射するわけではありません。

ゆえに、目がとても疲れにくいです。

直射日光が当たる屋外で本が読みやすい

一般的に、スマートフォンは直射日光が当たる場所では画面が見づらくなります!!

しかし、「Kindle Paperwhite」は、文字が光っているわけではなく、自然光の反射を利用して文字が表示されています。

つまり、部屋が明るい方が文字が見やすいことと同じ理由で、読書していても目が疲れにくくなります。

暗いところでも本が読める

先ほど紹介した直射日光が当たる環境とは真逆の環境でも本が読めます。

しかし、廉価版である「Kindle」では暗いところでは読書をすることが不可能です。なぜなら、フロントライトが搭載されていないからです。(最新の「Kindle」はフロントライトが搭載されたので、できるらしい。)

室内灯や太陽の代わりにフロントライトにより画面が照らされています。

そのため、目に直接光線が当たることはありません。一度画面に反射した光を見ることにより字が読めます。

このようにe-ink方式のディスプレイには多くのメリットがあります。

Kindle Paperwhiteのデメリット

しかし、デメリットもあるので、紹介したいと思います。

動作がとても遅い

本を選択する時点で時間がかかることは予想してはいたのですが、文章が表示されるまでにも時間がかかります。

これは電子書籍すべてにいえることですが、やはり本をペラペラする感覚が味わえないことは大きな欠点だと私は思います。

なので、ページをめくって一秒くらい待てない人には、電子書籍はお勧めできないです。

防水ではない(最新機種は防水機能を搭載しています)

本機種は防水機能を搭載していません。

そのため、Kindleをむき出しのままではお風呂に入りながら読書することはできません。防水するために袋が必要ですが、面倒くさいのでしたことはありません。

どうしても、本が読みたいときはスマートフォンをお風呂に持ち込みます。

(最新のKindle Paperwhite(第7世代)は防水機能を搭載してるらしいです。うらやましいです!)

動画は見れず、モノクロです

本を読むための端末なので当たり前です。

動画を見れないことをデメリットと思う人は、このガジェットの目的が分かっていない人だと思いますが、一応デメリットとしてあげておきます。(開発者の皆様にはお詫びいたします。)

動画が見たい人はスマホやタブレット、パソコンでお願いします。

Kindle Paperwhite」は電子書籍で読書するときの目の疲れを軽減し、読書に集中できるように開発された端末です。

電子書籍しか読むことができない端末ですが、価格は1万円を超えます。

本を読むことが好きではない人にはコスパが悪いかもしれませんね…(たくさん読めば本を買うより安く済みます)

場所を問わずたくさんの本を読みたい方にはとてもおすすめします。
最新機種は防水機能を搭載したため、お風呂でも読書ができます!)

まとめ

今回はAmazonの電子書籍である「Kindle Paperwhite」を紹介しました。

Kindle Paperwhite」は

  • 読みたい本をすぐに読むことができる(電子書籍の特徴)
  • 紙の本よりたくさんの本を持ちあることができます(電子書籍の特徴)
  • スマートフォンより目が疲れない
  • 屋内でも屋外でも文字が読みやすい

という特徴があり、すばらしい読書環境が手に入ります!!

本を読むためだけの端末に約1万円出すのはかなり高価だと思う方がいると思います。

しかし、その価値は十分にあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました