【スラムダンク第4巻】才能だけでは勝てない!何事も〇〇が大事!!

スポンサーリンク

日本人なら一度は名前を聞いたことがある「SLAM DUNK(スラムダンク)」を始めてしっかり読んでみました。

今回はスラムダンク第4巻の内容の感想と勉強になったことをまとめていこうと思います。ネタバレがありますので、ネタバレが嫌いな方はスラムダンクを読んでから、この記事を読んでくださると幸いです。(スラムダンクを読みたくなるようなネタバレになるように書いてあります!!)

スラムダンク第4巻の概要

新生湘北高校バスケットボール部は神奈川ベスト4の陵南高校との練習試合を行う。練習試合の後半戦でついに自称天才バスケットマンの桜木花道が試合デビューする。

何事も基礎が大事!

基礎

桜木花道は並ではないスピードとパワー、そしてジャンプ力の持ち主だったが、バスケットボールの試合でその能力を生かせずいた。

なぜなら、バスケットボールの基礎の基礎と言われる「スクリーンアウト(有利な位置を確保するための技法)」を習得していなかったからである。スクリーンアウトができなけらば、相手に有利な位置を与えてしまうことになるので、相手より優れたパワーとジャンプ力があったとしても、その能力を生かせずにボールをとることができないのである。

桜木花道はスクリーンアウトができないために、リバウンドをとることができなかったのである。相手より優れた能力があっても、基礎の基礎ができなければ相手に勝つことができないという典型例ではないでしょうか?

逆をいえば、基礎の基礎さえ習得すれば、自分より優れた能力を持つ相手にも勝負して勝つことができるということです。基礎を大切にして習得することが重要であるということです。

第4巻の名言

スラムダンク第4巻の名言は陵南高校バスケットボール部監督・田岡茂一の言葉です。

まるで近い将来のライバルを歓迎するかのように…

陵南高校バスケットボール部監督・田岡茂一

陵南高校バスケットボール部の監督である田岡茂一は、陵南高校バスケットボール部のエースの仙道彰が自称天才バスケットマンの桜木花道とスーパールーキーの流川楓のダブルチームのマークを受けたことにより、仙道彰が楽しそうにバスケットボールをしていることに気づきます。そのときに発した言葉です。

普通は強い敵が現れた時は、絶望したり、焦ったり、ムキになったりするものですが、ある程度能力をつけると、その能力を発揮できる機会を求めるようになるということを示しているのではないでしょうか?

そして、その能力を発揮・見せつける機会を湘北高校バスケットボール部の1年生によって与えられた(少なくとも将来には)この場面で仙道彰は楽しくて叱ったなかったのかもしれないですね!

物事というものはある程度能力をつけることにより、楽しくなっていきさらに能力を高めていけるものだと思いました。つまり、何事も始めることが肝心だということですね!!(始めルことさえできれば、楽しく能力を上げていくことができる)

まとめ

スラムダンク第4巻の感想と学んだことをまとめてみました。

第4巻はついに自称天才バスケットマンの桜木花道が試合デビューします。もちろん、天才とはいえはじめから活躍することはできませんでしたが、試合中にも成長と続け、相手チームのエースをも興奮させるプレイを見せます。今後の桜木花道の成長とその過程がとても楽しみです。

この記事がきっかけでもいいので、スラムダンクを読んでみませんか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました