iPhone14発売!とても高価だが購入すべきか、全部比較してみた!!

スポンサーリンク

2022年9月にiPhone14シリーズが発売されることが発表されました。
しかし、円安の影響で日本人から見ると、最安モデルであるiPhone14 128GBモデルでも10万円超となってしまっています。
とても高価になってしまいましたが、iPhone14シリーズを購入すべきでしょうか?
また、一番おすすめのモデルはどれなのかを紹介します。

iPhone14は購入する必要はない

いきなり結論ですが、iPhone14は10万円以上を支払ってまでも購入する必要はないと考えています。
なぜなら、iPhone13とほとんど変化がないからです。

iPhone13とiPhone14はほとんど同じディスプレイとCPU、カメラを搭載しています。そのため、ディスプレイの見やすさと処理速度、写真の綺麗さはほとんど変わりません。

iPhone14がiPhone13より優れている点は3つだけです。

  • 衝突事故検出機能
  • オートフォーカス搭載
  • バッテリー駆動時間1時間延長(動画視聴時)

つまり、万が一事故が起きたときにSOSを発してくれて、写真が撮りやすくなり、ちょっとだけバッテリーが長持ちするだけです。

たったこれだけの利点で、去年は10万円未満で買えていた機種に、今年は約12万円出す必要があります。
そのため、iPhone13を使用している人は買い替える必要はありあせん。
(iPhone12と13も少し処理速度が上がっただけでほとんど変化がないので、言わずもがなです…)

大画面が必要な方はiPhone14 Plusを購入する価値があるかも

iPhone14シリーズでは画面サイズの小さいminiは廃止され、画面サイズの大きいiPhone14 Plusがリリースされました。
iPhone13シリーズまではPro Maxしか、画面サイズの大きなiPhoneはラインナップされていませんでした。
そのため、15万円近く出してまで大型ディスプレイは…と思い、購入を見送っていた方には iPhone14 Plusの発売は朗報かもしれません。(円安の影響で例年のPro Max並のお値段がしますが…)

また、本体大型化に伴いバッテリー駆動時間が約6時間延長(動画視聴時)されました。
(他の性能はiPhone14無印と大差ないです)

カメラを必要としている人はiPhone14 Proシリーズを購入する価値があるかも

iPhone14 ProはiPhone13 Proから進化しています。(無印同士と比較すれば…)

iPhone14 Proで進化した点は5つです。

  • 常時表示ディスプレイ
  • 屋外で見やすい高輝度ディスプレイ採用
  • Dynamic Island採用(従来のノッチ廃止)
  • 48MPの高解像度カメラの搭載(iPhone13 Proの4倍)
  • 最新チップの採用による処理性能向上

突出すべき進化はディスプレイとカメラです。

ディスプレイに関してはノッチが廃止されたので、今までノッチが邪魔だと思っていた方は乗り換える価値がありそうです。
ただし、通知などが新しいアニメーションで表示されるので、一度見てから購入されることをおすすめします。

そして、カメラに関しては解像度が4倍になりました。長年12MPだったので、大きな進化だと言えます。
毎回カメラ性能が上がりましたと宣伝されますが、今回はハードから根本的に進化したと言えます。

iPhoneでカメラを重視する方は買い替える価値があると言えそうです。

私はiPhone14シリーズを見送ります

iPhone14シリーズを全て見てきました。
簡単にまとめると、

  • iPhone14 無印 ・・・ほとんど進化なし
  • iPhone14 Plus ・・・廉価版の大画面機種登場
  • iPhone14 Pro ・・・48MPの高解像度カメラ搭載

Proシリーズは近年の中では進化したと言えるでしょう!!

私はiPhone SE2ユーザーですが、iPhone14シリーズは購入しません。
なぜなら、USB-Cを搭載しなかったこととiPhoneにカメラ性能は求めていないからです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました