やっぱりテレビは必要ない-「時間」を無駄にしていると痛感

スポンサーリンク
スカイズ
スカイズ

実家でテレビ見たけど…
やっぱり
テレビいらないな!!

私は今までテレビは既に時代遅れなメディアであり、必要ないメディアとして紹介してきました。

今までのテレビについての記事は、「テレビなんかいらないですよ!テレビは時代遅れ!!」と「やはり、テレビは時代遅れのようです-重要な〇〇が手に入らない」の2つです。

私はお盆休みをテレビがある実家で過ごし、 テレビを久しぶりに見たのですが 。

改めてテレビは不要であると思ったので、紹介します。

テレビが不要であると思う理由

私がテレビを不必要だと思う主な理由は効率が悪いと思うからです。

非効率な行動は貴重な「時間」を浪費する行為ですので、できれば関わりたくないです。

ここでは、なぜテレビが非効率であるか具体的な理由を紹介します。

同じ情報が繰り返される

テレビで放送されているニュースを見ると、同じ情報が何回も繰り返されます。特にエンタメ情報は何度も繰り返される印象があります。

今年(2019年)のお盆休みは台風が接近していたので、台風の情報ばかりでした。

(今回の台風は西日本への上陸だったので、首都圏への影響は少ないと思われるのにたくさん報道されていたな…)

台風が上陸する前の4、5日前から海が荒れているなどの台風情報ばかり報道されていました。

台風が来ているのに海に行かなければならないのは、救助隊やライフセーバー、漁師さんなど海で命を賭けているプロフェッショナルだけだと思います。

なので、老若男女が対象となるテレビで何度も報道すべきニュースではないと思います。(プロフェッショナルには専用の情報網があるはずです。)

他にも報道すべきニュース(北朝鮮のミサイルや韓国の輸出管理強化などの国政・外交やスーパーコンピュータの代替わりなど科学技術に関する情報など税金の用途・成果)があるにもかかわらず、多大な時間を浪費して、同じ情報を何度も報道するテレビは不必要だと思います。

無駄なコメントやレポートがある

テレビでは無駄なコメントや現地レポートが多いと思います。

台風関連の話ばかりで申し訳ないが、複数のレポーターやコメンテーターが「海に近づいてはいけません!」コメントを連呼していました。

しかし、海のライブ映像を見れば、コメントより海に近づく危険性がよく分かると思います。

そして、暴風域の地域にわざわざ出向き、「立っていられないほどの強風です!」などといわれても、木々の揺れやゴミが飛んでいることが映像で見えれば分かります。

というより、レポーターやカメラマンの方々が、マイクやカメラを持って立っていられるからまだ大丈夫かなと誤解が生まれると思います!!

私は人のコメントより現場の映像の方が得られ情報が多く信憑性が高いと思っています。特にテレビで放送されるコメントやレポートが無駄に思ってしまいます。

ゆえに、私はコメントやレポートが含まれている映像が放送されるテレビよりもインターネットで現場のライブ映像を見ている方が有益な情報が手に入ると思います!!

見たい番組が放送されている時間が決まっている

テレビはすべてテレビ局の都合で報道する内容が決められ(正確にはスポンサー企業の都合かも知れませんが…)、放送する時間が決められています

そのため、視聴者が欲しいと思っている情報をすぐに手に入れることができません

さらに、どんだけ待っていても、欲しい情報が放送されない可能性もかなり高いです。

必要な情報を自ら探すことができないテレビはやはり時代遅れなメディアといわざる得ないのではないでしょうか?

テレビに代わるメディアはインターネット

テレビは不要であるといいましたが、情報は必ず必要です。

情報を得るためにはメディアの力を借りる必要があるので、テレビに代わるメディアが必要です。

私はテレビに代わるメディアはインターネットだと思っています。

自ら情報を探すことができる「インターネット」

現代では、相手から与えられる情報を待っているだけでは、ダメです。自ら情報を探していかなければなりません。

自分から情報を探せるメディアとして、インターネットがあります。

インターネットは情報が瞬時に手に入れることができるため、効率的に情報を集めることができます。

また、インターネットは文字だけでなく、画像や映像でも情報が手に入れることができるため、自分がインプットしやすい形式で情報を集めることができます

ゆえに、現代では自分が欲しい情報は自らインターネットで集める必要があります。

好きな時間に好きなテレビ番組を視聴できる「オンデマンド」

テレビについて散々批判してきましたが、テレビには優れた制作者と膨大な時間と予算を使って作製された素晴らしい番組があります。

このような素晴らしい番組はテレビが時代遅れだからといって見ないのはとても損しているいえます。

しかし、素晴らしい番組を見るのにテレビ局に決められた時間にテレビを見る必要がなくなっています。

多くのテレビ局がインターネット上に番組を公開しているからです。

月額料金を納めなければならないというデメリットがあります。

しかし、時間の制約があるテレビで見るより、月額料金を払った方が時間を無駄にしないので、個人的にはインターネットでテレビを見る方がいいと思います!!

まとめ

テレビがない下宿先とテレビがある実家で生活してみて、テレビはやはり「時間」を浪費する時代遅れのメディアであると感じました。

テレビは必要ないと思うので、テレビを買うときは注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました